top of page

2022年くもん牛久・学園の森教室大賞発表!

ウクライナの避難民が避難先で食事を提供された後、嘔吐・下痢で倒れた。食中毒になってしまっていた。

原因は調理に使った水が汚水だったから。

一方ロシアの中に命を張ってウクライナの人の亡命を助けた人々がいた。

彼らは命を張って自分の運転で避難民を亡命先の国へ送り届けた。生活資金も手弁当。

実は何の組織にも属さない普通の市井のロシアの人たちがその正体。


少しの思いやりを皆が出し合えば終戦も早まるのでは?と選考議員同士話し合いつつ

決まったのがこちら。


「サーカスのライオン」ポプラ社 文/川村たかし 絵/斎藤 博之






















サーカスで火のわを何度もくぐりぬけるライオンのじんざは

毎日変わりない日々の中、ふるさとのアフリカを想い出しながら

年をとっています。知り合った少年と

交流を深めていったある日、アパートが火事になり、、、。


「サーカスのライオンをかしてください!」

幼稚園生のAさんから言われました。

「教室のくもん文庫にあったかな・・・?ちょっと探してみるね。」


「サーカスのライオンをかしてください!」

「サーカスのライオンをかしてください!」

三度目のかしてくださいの後にやっと渡すことができました。

お待たせしてごめんなさいね。


これからもお話を読んで心のじんとする経験を皆に沢山してほしいです。




2021年「あかいたま あおいたま しろいたま」 

2020年「サードドア」 




bottom of page